【周りが気になる】ローコスト住宅は恥ずかしいと思うのは時代遅れ?

この記事はこの様な悩みがある人向けです。

・ローコスト住宅で建てた事が、恥ずかしいと感じてしまう。

・ローコスト住宅は、恥ずかしいと感じていて建てるのを迷っている。

・ローコスト住宅で安っぽく見せない為には、どうしたらいいのか。

ワサビ

考え方と工夫次第で解決できる。

こんにちはワサビです。

家を建てると知り合いから「どこで家を建てたの?」と聞かれることが多くなります。

しかし、なぜだかローコスト住宅で、有名なハウスメーカーと伝えるのは恥ずかしい……

と思った事はありませんか?

実は、あなただけではなく恥ずかしいと思う人は、少なくありません。

なぜなら、Googleで「ローコスト住宅」と検索をかけると「ローコスト住宅 恥ずかしい」が検索上位のキーワードにでてきます。

すなわち、それほどローコスト住宅という言葉にネガティブな感情を持っている方が、非常に多いのです。

私の場合は、土地選びに予算を多めに使ったのでローコスト住宅しか選択肢がなく。

ローコストで有名なハウスメーカー・工務店を数多く回りました。

そこで話を聞くにつれて、なぜローコスト住宅は恥ずかしいのか?

そう思う理由について今回は紹介していきます。

この記事を読めば、ローコスト住宅の魅力に気づきイメージが変わってきます。

他のハウスメーカー・工務店との比較がしたいなら「タウンライフ家づくり」が超便利!

タウンライフは間取りプラン、見積もり、資料を一括でもらえちゃう無料サービスです。

すべてネットで完結できるので、時間をかけたくない、営業されるのが苦手という人は手っ取り早く数社から提案が受けられるので、利用する価値アリです!

実際に我が家も、タウンライフで数社からの提案を比較した結果、タマホームに決めました!

【PRタウンライフ】

\タウンライフは完全無料!かんたん申し込み/

一括資料請求はこちら【PR】

目次

ローコスト住宅が恥ずかしいと思う人の特徴 4選

なぜかローコスト住宅という言葉を耳にするとマイナスなイメージを想像する方が多いのでしょうか?

ここでは、そう思う人の共通点をご紹介していきます。

これらの項目に当てはまっていれば、あなたもローコスト住宅を恥ずかしいと思っているので、
一緒にイメージを変えていきましょう。

恥ずかしいと思っている人の特徴

・周りにどう思われるか気になる

・安っぽい建物を想像している

・展示場と比較してしまう

・ローコスト住宅の中身をよく知らない

周りにどう思われるか気になる

ローコスト住宅に恥ずかしさがある理由で一番多いのは「周りにどう思われているのか」と思ってしまうことです。

たとえば、知り合いや近隣住民との会話の中で…

どこのハウスメーカーで建てたの?

どこのハウスメーカーで計画しているの?

新築時や注文住宅の検討時には、良く聞かれますよね。

しかし、ハウスメーカー名を伝えると……

ドヤ男

安い家なんだな…

と思われるんじゃないかと、思っていませんか?

結論から言うとそれは、あなたの思い過ごしです。

そもそも、積水・ヘーベル・住林を除いて、どこのハウスメーカーがローコスト住宅を建ててるか知らない人がほとんどなのです。

私は、ローコスト住宅で超有名なタマホームさんで、建てていただきました。

タマホームと聞くとローコストのイメージが強いです。

しかし、実際にはタマホームで建てたと言っても最高級の商品は坪70万以上です。

なので、今ではメーカーだけでローコスト住宅と判断するには難しいということです。

口に出してマウントを取ってくる人は本当にごく稀ですので気にする必要はまったくありませんよ。

今のローコストメーカーでも商品ランクがピンキリ!

安っぽい建物を想像している

「ローコスト住宅=安っぽい」

こういったイメージを強く持っている人は、多いです。

なぜなら、ローコスト住宅で安い理由の一つに規格で建てるという事があります。

しかし、現在ではどこの企業も標準仕様のグレードを上げて、他社との差別化を図っている傾向にあります。

そのため、建物の安っぽさを感じない建物が今どきの特徴になってきています。

年々、仕様のグレードが上がってきている傾向にある!

展示場と比較してしまう。

すでに、ハウジングセンターや住宅展示場を、見学された人も多いではないでしょうか?

それはもう、素敵すぎて圧巻ですよね……

しかし、実際に建てるとなると大分実用的になってしまします。

展示場の建物と比較してしまって、ショボく感じてしまい恥ずかしいと感じるのでしょう。

展示場の建物は、その企業のデザイン力を見せつけるために、非現実的な建物を建てます。

そんな展示場の建物と比較するのではなく、自分で考えて建てた家を誇りに思うようにしましょう。

そうすれば「恥ずかしい」と思うことはなくなります。

展示場の建物との比較はNG!

ローコスト住宅の中身をよく知らない

「ローコスト住宅=品質が悪い」

ローコスト住宅に、このような認識をされている人は多いのではないでしょうか?

ローコスト住宅は低品質だから安いのではなく、逆に高品質を保ちつつ経費の削減によって低価格を実現させているのです。

つまり、コスト削減の仕組みを理解できれば、低品質だから恥ずかしいという概念はなくなります。

スポンサーリンク

ローコスト住宅が恥ずかしいから魅力に変わること 3選

ローコスト住宅が恥ずかしい、という概念は今でも多くの人が持っています。

しかし、近年のローコスト住宅は、恥ずかしさを上回る魅力があります。

ここでは、マイナスイメージからプラスイメージへ、考えが変わる理由を紹介していきます。

ワサビ

見栄よりもあなたへのメリットが大事!

低コストで注文住宅が建てられる

ローコスト住宅のコストパフォーマンスは、素晴らしいものです。

特に、土地にお金をかけすぎてしまった人にとっては、魅力でしかありません。

予算を抑えつつお望みの注文住宅が建てられるのですから、経済的かつ合理的なのです。

ワサビ

良い物を安く買うのに恥ずかしいとは思わないよね…

標準仕様が年々良くなっている

ローコスト住宅といえど、国で定める建築基準法は、あたりまえに守って設計しています。

なんといっても、ローコストメーカーの標準仕様が、一昔前よりも確実にグレードが上がっています。

したがって、ローコスト住宅特有の安っぽさを感じることはありません。

例えば、私が2023年に建てたタマホームさんの場合は、標準スペックは高く。

標準仕様で長期優良住宅や耐震等級3を取得しています。

また、断熱性は断熱等性能等級5以上を満たしており、おかげ様でいつでも快適な生活を送っています!※「大安心の家シリーズ」の場合

実際にタマホームだけでなく、数多くのローコストハウスメーカーに話を聞いた結果……

どのローコストメーカーも、クオリティが高い素材や設備を採用していたので、ぶっちゃけ今のローコスト住宅のイメージが変わったのが正直な感想です!

ローコスト住宅の需要は増加傾向にある

ウッドショック以降、住宅の価格が一気に上昇したこともあり、ここ最近では注文住宅を建てる人が減ってきています。

そんな物価高が続く今でも注文住宅を建てたい人は、コストをなるべく抑えて建てざる負えません。

したがって、物価高の今はローコスト住宅を候補に入れる事は、当たり前になってきます。

ということは、必然的にローコスト住宅の需要が、増えてくる傾向にあります。

ローコスト住宅で安っぽく見せないコツ 4選

ローコスト住宅の標準仕様のままでは、こだわった家にはならないのが現実です……

少ない予算でどうオシャレに見せれるかがポイントなのです!

ここでは、ローコスト住宅に限りませんが、ちょっとした工夫で安っぽくみせないコツをご紹介していきます。

凹凸がある建物にするために間取りを考える

家のまえを通った人に「カッコいい建物だな」と思ってもらうためには、外観が一番需要です。

知り合い以外は、家の中が見れないので、外観がすべてになります。

例えば、この2つの建物、すごくカッコよくみえませんか?

            引用:アーレックス株式会社 地層の家とキャンパスの家

間取りをうまく使って、凹凸の多い建物にすれば、自然と高級感かつカッコいい建物になります。

この方法は、費用の発生がほとんどなく、簡単にカッコいい建物にできるオススメの方法です。

ワサビ
凹凸を意識して間取りを決める!

玄関周りのデザインに力をいれる

外から帰ってきて、最初に向かう先は玄関ですよね?

なので、玄関周りを少し変えるだけで、高級感がでて中に入るのが楽しみにさせてくれます。

例えば、この建物の様に玄関周りの部分だけ、凹凸のあるサイディングを貼るとどうでしょう?

それだけでも、高級感が出てオシャレな建物になりますよね。

                   引用:アイフルホーム 家づくりコラム

すべての外壁を凹凸のサイディングにしてしまうと、くどい外観になってします。

一部アクセントとして玄関に取り入れることがポイントですね!

ワサビ
アクセントは一部のみ!

関節照明を取り入れる

照明はオシャレ空間の基本です!

関節照明をリビングやトイレに取り入れる事によって、非日常の雰囲気をだしてくれます。

天井下げと電気配線だけで、取り入れれるので、コストもそこまでかかりません。

お客さんがきた時に、関節照明がついていればインパクトがありますよね。

ワサビ

関節照明は男心をくすぐる…

アクセントにエコカラットを取り入れる

内装の壁は、ほどんどがクロス仕上げです。

しかし、アクセントで凹凸のあるエコカラットを使用すると、一気に内装に高級感がでます。

見た目だけでなく、消臭効果や湿気をコントロールする機能もあるため、一石二鳥なんです!

エコカラットは、見た目以外にも快適にすごせるメリットもある!

今は、自分でDIYする人も増えているほど、簡単に取り付けもできるので、非常に人気があります。

我が家も落ち着いたら、エコカラットをDIYしようと思ってますが、中々時間が取れない…(泣)

ワサビ

やる気になったらブログにアップします!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

ローコスト住宅を、恥ずかしいと思っている最大の理由は、周りの目を気にしていることです。

ローコスト住宅やローコストメーカーで建てたと伝えても、ピンとくる人はそこまでいないでしょう。

なので、あなたが思うほど気にしていない人が多いということです。

また、ローコスト住宅の中身を知れば「安い=恥ずかしい」という概念はなくなりあなたへのメリットの方が大きくなります。

しかし、「安っぽく見える=恥ずかしい」は、ローコスト住宅に限らず言えます。

なるべく、予算をかけずに高級感がでる工夫を考えるのは、すごく大切になります。

\ タウンライフは完全無料!かんたん申し込み /

一括資料請求はこちら【PR】

ローコストメーカーの標準仕様を知りたいが、一件一件話を聞くのは手間だし時間がかかる……

そんな悩み事は、タウンライフを使うと便利です。

タウンライフは完全無料で11個の質問に答えるだけで、気になるハウスメーカーから一括資料請求ができちゃいます!

しかも、間取り提案・見積もり・土地情報までも!

完全無料ですので、参考程度に請求してもメリットがあるので、ぜひ使ってみてくださいね!

それではまた次回。

最後まで有難う御座いました。

スポンサー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。
タマコロラボを運営しているワサビと申します。

・設計事務所勤務の宅建士
・30歳にタマホームでローコスト住宅を建てる
・ローコストでそこそこの家を建てる

★住宅は情報の大切さに気付き経験談や知識を分かりやすい様に配信していきます。
★後から後悔してほくない一心で参考になる記事を書いていきます。

空いた時間にコツコツ配信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次