【ストレス軽減】注文住宅で夫婦喧嘩せずに仲良く打合せを進めるコツ

この記事はこの様な悩みがある人向けです。

・間取りの打ち合わせ中、夫婦の意見が合わない。

・採用したいオプションに夫婦の意見が合わない。

・色決めの打ち合わせ中、夫婦の意見が合わない。

ワサビ

家づくりは意見が合わないことばかり…

こんにちはワサビです。

家づくりは、打合せする回数が本当に多いです。

「ここをああしよう」「あそこをこうしよう」

だんだんと夫婦の意見が合わずに、イライラし始めた事はありませんか?

実は、注文住宅を計画すると夫婦仲が悪くなる……

なんてことを良く聞きますよね。

せっかく、これからずっと暮らす家を建てたのに夫婦仲が悪くなるのは、気分が悪いです。

しかし、意見が反発し合うのは仕方ない事なんです。

なぜなら、注文住宅の決め事に関して、男性と女性では考え方が全く違うからです。

私も、注文住宅の打ち合わせ場面では、何度も喧嘩する3秒前まで、ボルテージが上がったこともありました(笑)

しかし、ある事を決めてからは大きく変わりました。

それをすることで、注文住宅が完成するまで一度も喧嘩することなく最後まで協力してやり遂げれたんですね!

結論から言いますと…「決定権を先に決めておく」ことです。

この記事では、注文住宅の打ち合わせをイライラする事なく協力的に進めるコツを紹介します。

他のハウスメーカー・工務店との比較がしたいなら「タウンライフ家づくり」が超便利!

タウンライフは間取りプラン、見積もり、資料を一括でもらえちゃう無料サービスです。

すべてネットで完結できるので、時間をかけたくない、営業されるのが苦手という人は手っ取り早く数社から提案が受けられるので、利用する価値アリです!

実際に我が家も、タウンライフで数社からの提案を比較した結果、タマホームに決めました!

【PRタウンライフ】

\タウンライフは完全無料!かんたん申し込み/

一括資料請求はこちら【PR】

目次

男性と女性の心理を知る

注文住宅の決め事の時には、意見が分かれやすくなります。

男性と女性では「○○だからこうしたい」が根本的に違うんです。

まず初めに、なぜ?男性と女性の考え方が違うのか解説していきます。

旦那さんの心理

主に「見た目」から入る事が多いです。

「カッコいいからこうしたい」「オシャレだからこうしたい」 など

使い勝手や現実的かは後回しで、とりあえず見た目が良い物を選ぶ心理が働きます。

ワサビ

私も含め、形から入るタイプ(笑)

旦那さんの考え

・見た目から入る

・変なプライドがある

・金額には細かい

奥さんの心理

逆に「使い勝手や現実的」かで決断することが多いです。

「掃除が楽だからこうしたい」「収納が足りないからここをこうしたい」 など

見た目は後回しで、現実的に使いやすいかを優先して考える心理が働きます。

使いやすさが優先!

奥さんの考え

・先々まで考えている

・現実的に考える

・使い勝手が重要

注文住宅の打ち合わせで意見が分かれる場面

注文住宅では、本当にたくさんの決め事があります。

建売住宅とは違い、最初から形があるものを購入するわけではありません。

なので、出来上がりのイメージだけで決めていく必要があります。

そのため、お互いの意見の一致させて決めるという事は、さらに難しくなります。

建物の工法や断熱材といった専門的な部分は、ハウスメーカー・工務店によってある程度、標準が決まっています。

一番多く意見が分かれるのは「目に見えるもの」です。

それではどんな内容で意見が分かれる事が多いか紹介していきます。

住宅の打ち合わせで意見が分かれる場面

・間取りを決める時

・外壁材の種類や色を決める時

・キッチンの仕様を決める時

間取りを決める時

注文住宅にとって間取りは、自分で好きなように変えられる最大の重要ポイントです。

なので、ほとんどの人が間取りを決める時に、必ず意見が飛び交います。

たとえば……

ワサビ

憧れの書斎が欲しい!

書斎よりも物置部屋!

この様に、お互いに必要な用途が違うので、部屋数や家事動線でも意見が分かれてしまいます。

我が家も、書斎を作るか作らないかで言い争いました。

ですが、最終的に物置部屋兼書斎という形でお互い落ち着きました。

ワサビ

今では、物置部屋率100%……(笑)

間取りで意見が分かれる例

・家事動線を優先的に間取りを決めたい。

・リビングの形はL型がいいのか?I型がいいのか?

・シューズインクローゼットは必要か?

・収納はどれだけ必要か?

・書斎は必要か?  など

外壁材の種類や色を決める時

外観はその家の顔になるところなので、どのような感じの外観にするか?

見た目で意見が分かれる事が多いですね。

たとえば……

ワサビ

濃い色ベースのカッコいい系が良い。

レンガ調ベースの欧米風が良い。

外壁の素材や色によって、外観のイメージがガラッと変わってきます。

お互いに好みがあるので、意見が分かれやすいですね。

しかし、張り訳をカッコいい系と可愛い系にしても、まとまりの無い建物になってしまいます。

外壁はどちらの意見を尊重するのか、お互いの話し合いが必要です。

キッチンの仕様を決める時

キッチンについては、一日で使用する時間がお互いに違うため、仕様で意見が分かれる事が非常に多いです。

特に、夫婦で料理や掃除をする派としない派では意見が割れる確率が高くなります。

しかし、料理や掃除をする方は、使い勝手や掃除のしやすさを基準に考えます。

たとえば、ガスコンロかIHコンロかで分かれるお互いの主張とは?

する派:掃除が楽だからIHがいい。

しない派:料理は火力が命だからガスがいい。

この様に、お互いの視点が違うので主張も変わってきます。

他にも、タッチレス水栓やワークトップの素材で、好みが分かれやすいくなります。

スポンサーリンク

喧嘩なく円滑に打合せを進めるコツ

ハウスカーカー・工務店との打ち合わせ中に、夫婦の意見がまとまらずその場で喧嘩してしまう。

実際、他のお客さんにもいましたし、我が家でもありました。

そうなってしまっては、後の打ち合わせのモチベーションが下がってしまいます。

ここでは、打ち合わせを喧嘩せずにスムーズに進めるコツを紹介していきます。

打ち合せ前には、次の事を先に決めておきましょう。

そうする事で、イライラせずに尚且つスムーズに進める事ができます。

喧嘩なく円滑に打合せを進める為の決め事

・決め事の決定権を先に決めておく

・オプションに使える予算を決めておく

決め事の決定権を先に決めておく

主張がお互いに合わない場合は、どちらかが引かなければそこで止まってしまいます。

そこでポイントなのは「決定権を先に決めておく」事です。

そうする事で、どちらかが優先的に決める形になるので、反発し合うことは少なくなります。

決め事を一覧にして、忘れない様に表にしておくのもオススメです。

キッチンの仕様を決める場合はキッチンに立つ時間が長い方が、決定権を持つ。

いつもお風呂掃除をする人が、お風呂の決定権を持つ。

オプションに使える予算を決めておく

注文住宅では、必ずと言っていいほどオプションをつけます。

それに比例して、夫婦喧嘩の確率が高くなるのが、追加費用が発生した時です。

なぜなら、冒頭でも説明した通り、男性心理はお金に細かく女性心理は使い勝手が重要だからです。

「オプション=追加費用」になる事は避けられません。

最初の段階でオプションに使える額を決めておきましょう。

「このオプションが付けたい」となっても予算がある事で心にゆとりが生まれます。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

注文住宅の打合わせ中に、夫婦で意見が分かれる事はよくある事です。

打ち合せ中に喧嘩をしてしまっては、相手側も気まずくなりこちら側も、モチベーションが下がっていまいます。

それでは、せっかくの注文住宅に悪い思い出が残ってしまいます。

・決め事の決定権を決めておく
・オプションに使える費用を決めておく

この2点を事前に決めておけば、打ち合せ中にお互い意見が分かれても喧嘩せずに円滑に進める事が出来ます。

それではまた次回。

最後まで有難うございました。

スポンサー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。
タマコロラボを運営しているワサビと申します。

・設計事務所勤務の宅建士
・30歳にタマホームでローコスト住宅を建てる
・ローコストでそこそこの家を建てる

★住宅は情報の大切さに気付き経験談や知識を分かりやすい様に配信していきます。
★後から後悔してほくない一心で参考になる記事を書いていきます。

空いた時間にコツコツ配信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次