【安くするコツとは】タマホームの外構工事が高いのには理由があった

この記事はこんな人向けになります。

・タマホームで外構工事を依頼するか迷っている。

・タマホームでの外構見積もりでは予算が合わない。

・外構工事の適正金額を知りたい。

・少しでも外構工事を安くすませたい。

ワサビ

外構工事はコストを節約できる最後のチャンス……

こんにちはワサビです。

マイホームの完成が近づき、残すは外構工事のみ!

少しでも安く済ましたい…

そんな時、このような問題に遭遇する事は、多いのではないでしょうか?

外構工事でぶち当たる壁とは?

・外構見積もりを出してもらったが、ため息が出るほど高い。

・他の外構業者と比べてどうなんだろう。

・もう少し安くならないものか。

ぶっちゃけ話、タマホームの外構工事は、相場よりも高い傾向にあるんです!

この記事では、外構工事をどこに依頼するのがベストなのか?

また、外構工事を少しでも安くするための行動を紹介していきます。

ワサビ

それでは順番に紹介していきます。

他社の外構工事を比較したいなら「タウンライフ家づくり」が超便利!

タウンライフは外構プラン、見積もりを一括でもらえちゃう無料サービスです。

すべてネットで完結できるので、時間をかけたくない、営業されるのが苦手という人は手っ取り早く数社から提案が受けられるので、利用する価値アリです!

実際に我が家も、タウンライフで相見積もりを取ってお得にお願いする事ができました!

【PRタウンライフ】

\タウンライフは完全無料、かんたん3分/

外構を提案してもらう

目次

タマホームの外構工事が高い理由

タマホームは、建物と同じで外構も安いんじゃないの?

このように、思われる人も多いのではないでしょうか?

しかし、タマホームは建物メインで請負っている会社なので、外構工事を取るのに、あまり意欲的ではありません。

そのため、提携している外構業者を紹介され、直接話を進めていくことになります。

これだけ聞くと高くなる要素を感じませんよね?

実は、タマホームの手数料も乗っているので、自分で手配するよりも割高になってしまいます。

タマホームが手数料をもらう理由とは?
・不備あった場合、紹介者であるタマホームに責任がついてくるので、簡単に言うとその為の保証料になる。

ワサビ

ビジネスでは当たり前の仕組みとなっている。

タマホームの外構業者に依頼するメリット

メリット① 手間がかからない

タマホームでは、建物の打ち合わせに合わせて、外構業者も呼んでくれます。

なので、手間がかからず打ち合わせが、スムーズに行えます。

メリット② 不備があればタマホームに言える

施工や金額に不備があった時には、タマホームが間に入ってくれます。

言いにくい事は、タマホームから外構業者へ言ってもらうこともできます。

メリット③ 引渡しには外構まで終わっている

基本的に、外構業者を別発注する場合は、建物の引渡し後に外構工事を行います。

ワサビ

理由は、建物に傷や破損があった時に、もめることを避けるため!

しかし、タマホームの外構業者で依頼すれば、引渡し前から外構工事に入る事ができます。

つまり、完璧に仕上がった状態で、気持ちよく引渡しが受けられるということです。

どのハウスメーカーも別途工事は引渡し後が基本!

タマホームの外構業者に依頼するデメリット

デメリット① 金額が高い

タマホームだけでなく、ほとんどのハウスメーカーは、外構工事を請け負っていません。

そのため、外構工事は提携業者へ、丸投げになってしまうという事です。

つまり、手数料が乗った分だけ、金額が高くなってしまいます

デメリット② 外構業者の選択ができない

タマホームでは、各営業さんが好意にしている、外構業者を紹介しています。

しかし、何社も相見積もりを取ってくれる訳ではありません。

いつもお願いしている、1社を選定して紹介してくれます。

つまり、タマホームに依頼するのであれば、外構業者の選定はできません。

スポンサーリンク

自分で外構業者を手配するメリット

メリット① 圧倒的に安い

タマホームの手数料が乗っていないので、コストは確実に安くなります。

安くなった分で、こだわった外構の実現も可能になります!

ワサビ

自分で手配する人の90%はこのメリットのため!

メリット② 好みの外構業者に依頼できる

地域密着の外構業者、オシャレなお店を出している外構業者。

さまざまな会社がある中で、自分の好みにあった外構業者を選ぶことができます。

その会社の施工事例から、自分のイメージと合う会社に依頼するのもアリ!

自分で外構業者を手配するデメリット

デメリット① 手間と時間がかかる

数多くの外構業者がある中で、自分の好みに合った外構業者に出会うには、それなりに手間と時間がかかります。

しかし、働きながらだと時間が取れないことも……

そんな人は、無料一括見積請求がめちゃくちゃオススメです。

実際に我が家でも利用しましたが、数社から外構プランと見積をもらえるので、すぐに金額の比較ができちゃいます!

\タウンライフは完全無料、かんたん3分/

外構を提案してもらう

ワサビ

数社から連絡が来るので、最初の3社に絞って進めるのがオススメ!

デメリット② 入居してから外構工事が始まる

外構工事は、引き渡し後にしか工事ができません。

タイミングが悪ければ、入居後の工事になることもあります。

その場合は、コンクリート打設直後など、家から出られなくなるケースも……

ワサビ

我が家も一面コンリートを打ったので2日間、閉じ込められました…(泣)

タマホームで外構工事を依頼すべきなのか?

結論、タマホームに外構を依頼した方がいいのかな?

タマホームへ依頼しても、外構業者へ外注してしまいます。

なので、基本的に自分で手配した外構業者に依頼した方が、コスト的には断然安いと言えます!

タマホームの外構業者が向いている人

・金額が高くてもタマホームが間に入ってほしい。

・完璧な状態で引渡しがいい。

自分で手配した外構業者が向いている人

・とにかくコストを落としたい。

・外構工事は急いでいない。

希に、他ハウスメーカーで、外構工事の別発注を嫌がるところもあります。

その点、タマホームは別発注することは、まったく問題ありませんでした。

営業マン

一応、外構業者の紹介をしますが、高ければ他のところでも大丈夫です。(実際に言われた)

ワサビ

協力的でありがたい…

外構工事を確実に安くするための手順 4ステップ

STEP
3社以上、提案と見積もりを必ず依頼する

コストダウンには、相見積もりをすることは必要不可欠です。

相見積もりとは?
複数の外構業者から見積もりを取って比較する事。

タマホームも候補に入れつつ複数社、金額を競わせましょう。

そうする事によって、適正金額が分かり、各会社の最安値を引き出せる可能性を高めます。

同時に、プランの提案でその会社の提案力を比較することもできます。

ワサビ

一石二鳥!

プラン提案、見積もりを依頼する時のマナー

「他社さんでも聞いてます」と相見積もりしていることを、しっかりと伝えましょう!

相見積もりの取り方① 地元の外構業者に電話する

地元の外構業者に電話して、訪問の予約を取ります。

電話する前に、信頼できる会社なのかをホームページで、会社情報・施工事例などを確認しておきましょう。

相見積もりの取り方② 無料一括見積サービスを利用する

無料一括見積サービスへ依頼をかければ、外構業者の方から連絡がもらえます。

しかも、登録会社は優良企業ばかりなので、安心です!

子育てや仕事で、外構業者を探す時間がない人には、ピッタリな便利サイトですね!

\タウンライフは完全無料、かんたん3分/

外構を提案してもらう

ワサビ

我が家も時間が取れなかったので、無料一括見積サービスを利用しました!

STEP
外構プランを決める

外構プランが違っては、金額にバラツキが生じてしまいます。

なので、ある程度は提案プランを参考に、外構プランを固めていきましょう!

ワサビ

こんな外構にしたい!

STEP
最安値の外構業者で話を詰める

固まった外構プランで、再度見積もりを依頼します。

貰った見積もりで、最安値の外構業者で、話を詰めていきましょう。

仮に、気に入った外構業者がいれば、最安値の外構業者と天秤にかけるのもアリです!

ワサビ

A社とB社の比較は…

STEP
徹底的に交渉する

最後の1社に絞り込んだら、後は交渉あるのみです!

注意点として、金額交渉をする時には、強引な交渉は避けましょう。

建築同様、請負のも人間です。

施工精度に影響がでてしまっては、後悔が残ってしまいます……(泣)

ワサビ

無理な交渉は避けよう…

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回は、タマホームに外構工事を依頼すべきなのか?

また、外構工事を安くする手順などをまとめて紹介していきました。

タマホームの外構見積もりは、手数料の分だけ相場よりも高くなってしまうがメリットはあります。

タマホームに依頼するにも、自分で外構業者を手配するにも、メリット・デメリットをしっかり知る事。

そして、複数の相見積もりを取って、適正金額を知る事が大切です。

それが、外構コストを安くなることに、必ず結びついてきます。

それではまた次回。

最後まで有難う御座いました。

スポンサー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。
タマコロラボを運営しているワサビと申します。

・設計事務所勤務の宅建士
・30歳にタマホームでローコスト住宅を建てる
・ローコストでそこそこの家を建てる

★住宅は情報の大切さに気付き経験談や知識を分かりやすい様に配信していきます。
★後から後悔してほくない一心で参考になる記事を書いていきます。

空いた時間にコツコツ配信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次