【値引き不可能?】タマホームで契約前に値引きを成功させた交渉方法

この記事はこのような悩みを解決します。

・タマホームで値引き交渉はできるのか?

・予算が合わず値段の交渉をしたい。

・いつ値引き交渉すればいいのかタイミングわからない。

ワサビ

こんにちはワサビです。

マイホームの打ち合わせは、理想をつたえて間取りを決めるまでは本当に楽しいですよね。

しかし、理想の間取りが決まって見積もりを出してもらったが、建築費用が予算からオーバーしている。

ワサビ

現実に戻った感じがする瞬間…

一生に一度の注文住宅なので妥協はしたくない。

でも、予算的に厳しい……

そんな場面に直面することは、多いのではないでしょうか。

実は、話し方次第で建築費用は交渉ができるのです。

「交渉」は、我々お施主側が唯一持つことの許された最強のカードです。

これを使わない手はありません!

我が家では、この方法で交渉して提示金額から実質421万円の値引きに成功しました。

気にするだけで値引き率が大きく変わるポイントとは?

・どのタイミングで交渉するのか?

・交渉に向けて下積みができているのか?

この記事では、私が実際に行った値引き交渉の方法、交渉のタイミングをご紹介していきます。

この記事を読めば、建築費用の交渉成功率がグッと高くなり、オプションなどで妥協せずに自分だけのマイホームを建てることができます。

その交渉方法とは、「契約前にお断りの連絡をいれる」です。

「え?ここまでやってきた打合せは何だったの?」

と思うかもしれませんが、本当に断るわけではありません。

その理由も合わせてご紹介していきます。

他のハウスメーカー・工務店との比較がしたいなら「タウンライフ家づくり」が超便利!

タウンライフは間取りプラン、見積もり、資料を一括でもらえちゃう無料サービスです。

すべてネットで完結できるので、時間をかけたくない、営業されるのが苦手という人は手っ取り早く数社から提案が受けられるので、利用する価値アリです!

実際に我が家も、タウンライフで数社からの提案を比較した結果、タマホームに決めました!

【PRタウンライフ】

\タウンライフは完全無料!かんたん申し込み/

一括資料請求はこちら【PR】

目次

タマホームは値引き交渉できない?

営業マン

タマホームはズバリ価格なので値引きはできないんです…

ワサビ

もう少しなんとかなりませんか……?

営業さんからこんなことを言われたとよく聞きますが、本当に交渉不可なのですしょうか。

そんなことはありません、値引き可能です!

その根拠は、このように値引き用の金額を必ず乗せてあるからです。

売る側は、値引き分を売りたい金額に乗せているだけなのです。

さらに利益の幅を探る事が出来れば、大幅な値引きが可能になります。

交渉の話をするタイミングとは

準備が整ったらあとは「交渉のタイミング」です。

交渉の話をするタイミングは、必ず契約前にするのがオススメです。

タイミング① 契約前

契約後に金額の交渉をしても、すでに手付金をいくらか支払っているので、相手のペースで話を進められ大幅な金額ダウンが期待できなくなってしまいます。

契約前であれば、相手側も契約が目の前にあるので、他社に行ってしまうリスクを考えます。

したがって、多少の利益を削っても取りたいと考えるので契約前が一番効果的なのです。

ワサビ

値引き交渉は、必ず交渉前に!

タイミング② 月末、決算を狙う

交渉にベストなタイミングはいつ?
・月の中旬から下旬・決算月の4か月前(タマホームは5月末決算なので1月が良い)

ハウスメーカーの営業は、歩合が多く月間の売り上げにも左右されます。

月末までには、なんとしても契約が取りたい!

営業さんも気合が入っているので、そこにタイミングをあわせましょう。

決算月の4か月前(タマホームは5月末決算なので1月が良い)

注文住宅のハウスメーカーは「引渡し=売上計上」になります。

引渡しまで、おおよそ4か月の工期を想定して決算の4か月前が一番契約が欲しいタイミングになります。

タマホームでは、5月末決算なので1月頃には値引き交渉がしやすくなります。

スポンサーリンク

注文住宅で値引き交渉を行う為の準備 4ステップ

相手も営業のプロなので、何も対策をせずに交渉しても、勝ち目はありません。

今から解説する、4ステップを事前に準備する事で、交渉がうまく行く確率が上がります。

STEP
依頼するハウスメーカーを決める

交渉が成功すれば、次のステップで契約をする流れになります。

他にも、検討している会社があれば1社に絞りましょう。

契約する気のないハウスメーカーには、値引き交渉するのは相手にも迷惑がかかるので避けましょう。

STEP
打合せは5回以上行う

5回以上は、営業さんと打合せしましょう。

ハウスメーカー側も、契約が取れなければ契約までの打ち合わせは水の泡になってしまいます。

回数が多いほど、値引き交渉に応じてくれやすいのです。

しかし、あまりにも回数が多いと相手のモチベーションが下がってしまい、逆効果になってしまう可能性があります。

打ち合わせ回数は、5回程度がベストでしょう。

おおよその想定スケジュール

1回目:会社説明、資金シュミレーション

2回目:現場を見学

3回目:間取りや仕様の要望

4回目:プラン提案、建築費の説明

5回目:予算に合わせて打合せ、間取りの合意

6回目:値段交渉、契約

STEP
オプションを明確にしておく

値引き交渉が厳しくても、オプションの交渉はハードルが低いと言えます。

「オシャレな外観にしたい」「キッチンのグレードを上げたい」

など、どのようなオプションを付けたいかを交渉する時までに、リストにまとめておきましょう。

私の場合は、夏の暑いのが苦手なので断熱材のグレードアップだけは、妻に分かりやすく説明して納得してもらいました。(笑)

STEP
同グレードの相見積もり必ずをとる

ハウスメーカーと初めて打ち合わせする時に「数社で検討している。」と必ず伝える様にしましょう。

競合他社も動いていると伝える事で、相手側も条件次第で他社に行ってしまうと相手に思わせましょう。

そうする事で、好条件を提案してもらえることがあります。

「私はこのハウスメーカーしか考えてない」

という人でも、同グレード住宅の仕様や見積もりを貰って相場感を知っておきましょう。

例えば、「ここの仕様は○○とは違うんですね」とつぶやけば、相手に信憑性が増します。

時間をかけずに相見積もりを取る方法

「タウンライフ家づくり」を使えば、たった11個程度の質問に答えるだけで気になるハウスメーカーから資料、間取り、見積書が無料で貰えちゃいます。

時間と労力をかけずに、必要な資料が貰えるので活用しない手はないです。

\ タウンライフは完全無料!かんたん申し込み /

一括資料請求はこちら【PR】

STEP
タイミングを見て交渉する

step4でもらった相見積もりと比較して値段競争に話をもっていきましょう。

値段次第で、他社に決めてしまうと思って、交渉に乗ってくるはずです。

あとは、条件をすり合わせしていくだけです!

注文住宅で値引き交渉をする時の注意点

値引き交渉を行うには、必ず知っておかなければいけない注意点があります。

それは、現実とかけ離れた値引きをいない事です。

あまりにも、極端な値引き交渉していまうと、営業さんも利益を確保しなければいけないので、設備や仕様のグレードを落とした商品の提案を受けやすくなります。

そうなっては、理想のイメージから離脱していってしまいます。

なので、同グレード住宅の見積もりを事前に把握して相場感を知っておきましょう。

私が値引き交渉をした実体験

当時は、金額の事で頭がいっぱいになり、夜も不安で寝れなかった記憶があります。(泣)

そんなことから建物の値引き交渉は、絶対に成功させなければ資金計画が崩れてしまう。

そう思いながら、交渉の日を迎えました。

私が話を進めてきたタマホームさんは、ちょうど25周年で創業月でした。

なので、創業月の月末に交渉させていただいたんです。

最初は、やはり値引き交渉に応じてもらえませんでした……

営業マン

弊社は最初からズバリ金額ですので…

なんて言っていましたが、それでは金額があわないので再度検討することに……

しぶしぶ、お断りの連絡を伝えました……

ワサビ

今回は他社さんで決めさせていただく事になりました。

営業マン

しょうがないですね…承知しました。

(数分後に電話がプルプルなりました)

営業マン

上席に相談して創業月中に契約いただければ、値引きとオプションで対応させていただきます。

ワサビ

あざーす!

25周年の創業月を狙った事は、狙い通りでしたね!

約200万円の値引きと諦めかけてた断熱材、外壁材グレードアップなどのオプションをサービスしてもらい即契約させていただきました。

担当営業さんの誠意には、今でも感謝しています。

この値引きとオプションサービスがなければ、ワサビの家は建っていませんでしたから。

交渉前のワサビ家スペック

・構造、仕様:木造2階建て、軸組パネル工法、準防火仕様

・施工床面積:37.5坪

・断熱材:グラスウール

・キッチン:ペニンシュラキッチン

・外壁材:サイデイング ニチハFuge

・見積もり金額:2100万円

・打合せ回数:4回程度

・ハウスメーカー:タマホーム

交渉後のワサビ家スペック

・構造、仕様:木造2階建て、軸組パネル工法、準防火仕様

・施工床面積:37.5坪

・断熱材:吹付ウレタンフォーム

・キッチン:ペニンシュラキッチン

・外壁材:サイデイング ニチハFugeプレミアム

・サービス工事:稼働棚数か所・カウンター数か所・2部屋増設・軒天木目

・他社見積もり金額:1900万円【-200万円】

ワサビ

営業さん、有難うございます!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

この記事では、値引き交渉のタイミングや方法についてご紹介してきました。

注文住宅では、値引き交渉ができないと思い、無理な金額で契約してしまう人がいます。

しかし、それでは後々の支払いなどで後悔する時が必ずきます。

なので、少しでも安く契約できる事に越したことはありません。

これらの事を知っておくだけで、そう願う気持ちが値段交渉を成功させる可能性を高めます。

人生で一番高い買い物なので、自分自身で納得した金額で契約するようにしましょう。

それではまた次回。

最後まで有難う御座いました。

スポンサー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。
タマコロラボを運営しているワサビと申します。

・設計事務所勤務の宅建士
・30歳にタマホームでローコスト住宅を建てる
・ローコストでそこそこの家を建てる

★住宅は情報の大切さに気付き経験談や知識を分かりやすい様に配信していきます。
★後から後悔してほくない一心で参考になる記事を書いていきます。

空いた時間にコツコツ配信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次