【効果に驚き!】タマホームで断熱材をグレードアップして快適な家へ

この記事を読むとこんな事がわかります。

・タマホームの断熱性能のスペックは?

・標準断熱材をグレードアップするといくら?

・実際に断熱材をグレードアップしたリアルな感想。

・断熱材をグレードアップするメリット、デメリットは?

ワサビ

こんにちはワサビです。

みなさん「快適な家とは?」と聞かれて、なにを想像しますか?

快適な家と聞かれて、パッと思いつくのは「断熱性」「気密性」「換気」

代表的な、この3つを想像されるのではないでしょうか?

その中でも「断熱性」は家づくりでは絶対にかかせません。

ワサビ

標準断熱材で冬は暖かい?夏は涼しい?

ワサビ

断熱材は何を選べばいい?

このような、疑問を抱いている人向けに、タマホーム(大安心の家)の断熱材について詳しく紹介してきます。

実は、断熱材をどういった物を使うかで「断熱性」は、大きく変わってくるのです。

なぜなら、素材や施工方法が異なることで、家全体の気密性が大きく違ってきます。

「気密性」が良いと「断熱性」も一緒に上がっていきます。

断熱性とは…?
・外気温の暑さ、寒さを外壁面の断熱材を通して内に入れないようにすることを言います。なので、断熱性が高いほど、外気温の影響が内に伝わりにくくなります。

気密性とは…?
・住宅の外と内の間に隙間が無いことを言います。なので、気密性が高いほど、住宅内の温度が外へ漏れにくくなります。

この記事を読むことで、断熱材をグレードアップするメリットがわかり、断熱材の選定で悩んでいる人の問題点を解決します。

結論から言うと、予算があればグレードアップをオススメします!

ではなぜ、そういえるか?その根拠をご紹介していきます。

他のハウスメーカー・工務店との比較がしたいなら「タウンライフ家づくり」が超便利!

タウンライフは間取りプラン、見積もり、資料を一括でもらえちゃう無料サービスです。

すべてネットで完結できるので、時間をかけたくない、営業されるのが苦手という人は手っ取り早く数社から提案が受けられるので、利用する価値アリです!

実際に我が家も、タウンライフで数社からの提案を比較した結果、タマホームに決めました!

【PRタウンライフ】

\タウンライフは完全無料!かんたん申し込み/

一括資料請求はこちら【PR】

目次

タマホームが誇る断熱性能とは?

引用:タマホームHP

タマホームで大人気商品である「大安心の家」では、断熱等性能等級5等級取得しているので一年通して快適に過ごすことができます。

それだけでなく、5等級は断熱性や気密性の基準が高いことから、室内気温や湿度を一定に保てることがすごい!

断熱性と気密性の両方が優れており、外気を室内に入れないことで室温を一定にキープできるのです。

しかも、室温が一定になるという事は、エアコンの稼働率にも影響してくるので、高熱費にも優しい…

旧省エネ基準の冷暖房費と比べタマホームの家は年間約42.7%も冷暖房費が安いとのデータも!

ワサビ

節電にもなる…

夏は涼しく、外からの熱を入れさせない。

冬は暖かく、内の熱を逃がさない。

タマホームの標準はどんな断熱材?

タマホーム「大安心の家」の標準では、主である天井・壁は高性能グラスウール14Kを採用しています。

以前は、今よりも厚みが半分くらいの断熱材で、建ててた時もありました…

しかし、年々国の基準が厳しくなって、断熱性能も上がってきているのです。

タマホームもそれに伴って、断熱等性能等級5を満たすのに標準仕様が上がっているのが事実!

今後も、断熱性という分野では、より良い改善がされていく傾向なので、ローコスト住宅でも断熱スペックは高くなるといえます!

豆知識

14Kとは、断熱材の密度で1㎥に14kgのグラスウールが詰まっている意味。

10K<14K<16Kと大きくなるにつれて断熱性能が高くなるよ。

断熱材を吹付ウレタンフォームにグレードアップ

標準の高性能グラスウールから、オプションで吹付ウレタンフォームにグレードアップする事もできます。

東海地区のタマホームでは、主に㈱日本アクアさんのアクアフォームという商品を採用している支店が多いです。

標準断熱材である、グラスウールは大工さんが施工するのに対して、吹付ウレタンフォームは専門業者が施工することになります。

日本アクアさんは、現場施工№1の実績で業界では最大手なので施工経験は豊富です!

会社名株式会社日本アクア
本社東京都港区港南2ー16ー2
資本金19億300万円
設立年月日2004年11月29日
吹付ウレタン施工業者の会社概要

吹付ウレタンフォームは、発砲材とウレタン材を施工現場で混ぜながら壁に噴射していくため、スキマができないので気密性が抜群に良い!

👇我が家の吹付ウレタンフォームの施工現場です。

ワサビ

グラスウールと違って、柱に直接吹付ているから、劣化して剥がれる心配はナシ!

吹付ウレタンフォームのオプション費用は?

ここでは、実際にタマホームでグラスウールから吹付ウレタンフォームに変更した場合。

別途発生する、オプション費用について紹介していきます。

我が家は、最初からどんな理由があろうと、吹付ウレタンフォームを採用すると決めていたので、迷うことなくグレードアップをお願いしました!

グラスウール(標準仕様)➡吹付ウレタンフォーム(オプション)

ワサビ

一体、変更したらいくらかかるんだろ?

我が家の担当営業さんに見積もりをお願いして、出てきた金額は…?

なんと、約10万円ほどの見積もりがでてきました!

比較的、オプションが高いタマホームですが、意外と安い!(笑)

ワサビ

地元工務店できいたらおおよそ35万円追加と言われました…

吹付ウレタンフォームにするメリットとは?

追加費用まで払って、変更するメリットは?

標準仕様のグラスウールに比べ、吹付ウレタンフォームは何が優れているのでしょうか?

ここでは、吹付ウレタンフォームのメリットを解説していきます。

吹付ウレタンフォームのメリット

・断熱性が高い

・気密性が高い

・防音性が高い

断熱性が高い

断熱材の素材がプラスチック性であり、断熱材内部に空気とガスが、閉じ込められた超細かい気泡が含まれています。

この、気泡があることで熱伝導率が低く、断熱性能が高くなります。

したがって、気泡を含んだウレタンが、外からも内からも、シャットアウトしてくれるので室内を一定の温度で保ってくれます。

熱伝導率が低い=断熱性能が良い。

熱伝導率が高い=断熱性能が悪い。

気密性が高い

現場施工で天井や柱に直接吹き付けるので、スキマがまったくできないことや、接着性にも優れているため経年劣化で剥がれてきません。

そのため、室内は密閉された状態なので、外気から影響を受ける事なく室温を保ちます。

グラスウールに比べて、専門業者が現場で施工するので、施工不良の可能性が低いのもメリットです。

ワサビ

アクアフォームさんは施工実績№1!

👇配管周りやコンセント周りもスキマなくぴったり!
👇グラスウールの場合、配管周辺が施工不良となる可能性がある。

防音性が高い

どうしてもスキマがあると、そこから外部の騒音や内部の騒音がもれてしまいます。

しかし、そのスキマを許さない特性を生かして、快適なプライベート空間になるのもメリットです。

他の吹付ウレタンフォームに比べ、アクアフォームは連続気泡構造で、防音性の違いに大きな差があります。

   引用:(株)日本アクア アクアファームHP

スポンサーリンク

吹付ウレタンフォームにするデメリット

吹付ウレタンフォームは良い事ばかり?

当然、デメリットが無い完璧な商品はありません。

ここでは、吹付ウレタンフォームのデメリットを解説していきますので、メリットと比較してみましょう。

吹付ウレタンフォームにするデメリット

・価格が高い

・シロアリの食害に弱い

・解体費用が高くなる場合がある

価格が高い

グラスウールに比べると、吹付ウレタンフォームの方が、価格が高くなるのがデメリットです。

吹付作業には、技術が必要であるのと、吹付けたあとの削り作業といった余計な手間がかかります。

手間がかかるということは、価格が高くなる要因となります。

シロアリの食害に弱い

無機質素材のグラスウールはシロアリに強い反面。

吹付ウレタンフォームはプラスチック系のポリウレタン素材でできているのでシロアリが好む傾向にあります。

なので、シロアリ被害には注意が必要です。

解体費用が高くなる場合がある

いまから新築を建てるのに、解体時のことまで考える人は、いないとは思いますが……

何十年後先に、建物を解体をすることになったとします。

しかし、木材に吹付ウレタンフォームがこびりついていると、産業廃棄物扱いになるケースがあるのです。

したがって、産業廃棄物になってしまうと、普通の処分費用よりも高額になることもあります。

実際に吹付ウレタンフォームにした快適さは?

結論からいうと、めちゃくちゃ過ごしやすい……

特に、気温が高い真夏に効果がでます。

なぜなら、クーラーの利きがすごく良い。

例えば、冷房を切って外出したとします。

そこから、数時間たって帰宅したら、ヒンヤリする空気が残っているんです。

これは、気密性が高く、外部の熱を家の中に入れていない証拠ですよね!

なので、快適に過ごせるのはもちろんなのですが、冷暖房の稼働が少なくなるので、電気代も節約できて一石二鳥。

身近に、グラスウールの家があったので比較しましたが、やはり温度や湿度の感じやすさは、吹付ウレタンフォームのほうが上ですね!

改めて、断熱材をグレードアップして良かった。と実感した瞬間でした。

家づくりは、予算の都合に左右されます。

しかし、少しでも断熱材で迷われてる場合は、長い目でみて吹付ウレタンフォームへ変更することを私はオススメします!

ワサビ

快適さって大事…

スポンサーリンク

この記事のまとめ

タマホームの標準断熱材はグラスウールを採用しています。

グラスウールはコスパも良く性能も高いので、良い断熱材です。

しかし、それ以上に吹付ウレタンフォームは、肌で感じれるほど気温、湿度の快適さに優れています。

また、冷暖房の電気代に大きく影響してきます。

家づくりにかけられる予算次第ですが、この先何十年も住み続けることを考えると。

私の感想は吹付ウレタンフォームにして正解でした。

快適な家をつくるということは、断熱材を何にするのかで大きく変わってきます。

「やっぱり、断熱材を変えれば良かった」

そうならないために、しっかりと考えてきめていく事が大事です。

それではまた次回。

最後まで有難うございました。

スポンサー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。
タマコロラボを運営しているワサビと申します。

・設計事務所勤務の宅建士
・30歳にタマホームでローコスト住宅を建てる
・ローコストでそこそこの家を建てる

★住宅は情報の大切さに気付き経験談や知識を分かりやすい様に配信していきます。
★後から後悔してほくない一心で参考になる記事を書いていきます。

空いた時間にコツコツ配信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次